低年齢化と紫外線

老人

緑内障は高齢者が発症するという認識が一般的ですが、最近は低年齢化が進んでいます。現代社会は眼が慢性的に疲れやすくなっているので、積極的に眼の疲れを摂るよう注意しましょう。紫外線も緑内障の発症リスクを高めるとされています。サングラスをかけるなど、紫外線対策をしましょう。

定期的に健診を受けよう

医者

緑内障は眼科検診を受けることで早急に発見することができます。早期発見による早期治療によって、失明することはありません。40代になると発症しやすいと言われていることもあり、定期的に眼科検診を受けることが大事です。

視界が見えづらくなる症状

看護師

緑内障は視界の一部が見えづらくなり、放置しておくと視力の低下が進行してしまいます。治療では進行を抑えていく方法となり、視力を回復することができません。そのため、日頃から眼科で検査を受けていくようにすれば、疑いを早く発見していけるので症状を見逃すことはありません。

早期発見と早期治療

体にやさしい緑内障の予防方法を探すなら最適なサイトがあります。ありとあらゆる治療法が掲載されています。

痛みのないレーザー治療

日本で失明原因の第1位を占めている緑内障は、目の中の視神経が傷ついて視野が欠けてきしてしまう病気です。眼圧を下げることによって進行を防ぐことができるため、緑内障の治療は眼圧を下げるための薬物療法が基本となります。また、最近ではメスを使わずに緑内障の進行をほぼ完全に止めることができるレーザー治療も人気です。レーザー治療には、レーザー虹彩切開術とレーザー線維柱帯形成術があります。従来の外科的手術と比較して、レーザー治療ではメスを使用しないため、治療時間は10分程度と非常に短く痛みがほとんどありません。そのため、入院の必要もなく、外来通院で安全に治療を受けられることから、気軽に治療に踏み切ることができると人気が高まっています。

さまざまな検査方法

また、緑内障はゆっくりと進行することから自覚症状がほとんどなく、本人が気がついた時にはかなり進行してしまっているケースも多くあります。そのため、一番大切なのは検査による早期発見と早期の治療開始です。緑内障の検査は眼球の押し返す力を測定する眼圧検査、目の奥の状態を確認する眼底検査をはじめ、見える範囲や感度を調べる視野検査、網膜の断面図を確認する画像検査などがあります。また、これらの検査で緑内障の可能性があると診断された場合には、隅角検査、視神経の検査、眼圧の変動検査などに進みます。最近では、パソコンの画像を使って、目のちらつきや視野が欠けている度合いなどを調べる簡易セルフチェックもできるようになり、受診するかどうか迷っている人の参考になります。