視界が見えづらくなる症状

看護師

40歳以上でリスク増加

緑内障は視神経の働きが弱くなり、眼圧の影響で視界の一部が見えにくくなってしまう症状です。この症状をそのままにしていたら失明につながる恐れがあり、早期発見で症状の進行を抑えていかなければいけません。緑内障は40歳以上から発症のリスクが高まる病気で、20人に1人が発症してしまう確率となっています。緑内障は決して珍しくない病気となり、誰にもその可能性があるとも言えます。緑内障を早く発見するためには、日頃から眼科で検査を受けていくのが効果的です。その検査では眼圧を確認していくので、眼圧が正常でなければ緑内障の疑いは強くなります。治療では眼圧を正常に戻すための目薬を使っていく方法が一般的で、これで進行を抑えていきます。万が一視力に異常を感じる場合は、早めに眼科で診てもらった方がいいでしょう。

視力の回復は難しい

緑内障は発症してから進行が始まると、治療で低下した視力を元に戻すことはできません。眼科で行われる治療は症状の進行を抑えていくための方法で、視力回復の効果があるわけではないのです。眼圧を正常に戻す治療を受ければ視力もそれ以上低下することもないため、早めに症状に気付いていかないといけません。しかし、緑内障は片方の目に発症してしまうことが多く、その場合はもう片方の目が視力が正常なので異常が感じにくくなってしまいます。視力の異常に気付きにくいのはこのような原因もあるので、特に注意が必要です。緑内障を防ぐ対策としては、やはり眼科での検査が欠かせません。眼科にしばらく行っていないという人でも、定期的に検査を受けていくのは大切です。