低年齢化と紫外線

老人

低年齢化

緑内障は長年にわたって視神経が傷つけられてしまう事によって発症のリスクが高まる病気です。こういった事から世間一般では高齢者に多い病気という認識をされています。確かに実際、高齢者が発症するケースが多いのですが、近年は緑内障が低年齢化している傾向がみられます。一般的には発症する年齢ではない30代の人でも発症するケースが出てきているのです。現代の若い人はパソコンやスマートフォンを利用する人が多く、同じ画面を見続けている人が多いです。これは眼にとってものすごく負担となり、視神経にも大きなダメージとなります。ですから、若い人も自分は緑内障など発症しないと考えずに眼の疲れを自発的に解消するよう習慣づけるよう注意しましょう。

紫外線

緑内障は発症する原因がまだはっきりとは分かっていないものの、紫外線は緑内障の発症リスクを高める要因の一つだと考えられています。紫外線を浴びると体には様々な悪影響を及ぼします。そんな悪影響の一つに活性酸素があるのですが、過剰な活性酸素は眼の酸化を促進させます。眼が酸化すると眼の細胞が死んでしまいます。現在は昔に比べると紫外線を浴びる量が増加しているので、緑内障予防のためには紫外線対策は必要だと言えます。紫外線対策としては、日傘を差したり、帽子をかぶったりすることも有効ですが、最も有効なのはサングラスを着用する事です。特に最近ではファッションアイテムの一つとしてサングラスはすっかり定着しているため、気軽に取り入れることが出来ます。