定期的に健診を受けよう

医者

検査を受ければ分かる

最近は職場で定期的に健康診断を受けることが必須となってきているため、多くの人が早い段階で病気に来付けるようになってきています。しかし、忘れがちなのは目に関する病気です。職場によっては眼科検診も健康診断に含まれていることがありますが、がん健診などに比べると脇に置かれがちとなってしまっています。実は眼科検診も重視すべき健診の一つです。と言うのも、緑内障などの目の病気をいち早く見つけることができるからです。実際に、眼科検診を受けたことによって、自覚症状が出にくい緑内障を発症していたことが分かったという人が多くなってきています。40代になると20人に1人は緑内障を発症していると言われているくらい、多い病気です。だからこそ、定期的に眼科検診を受けることは大切です。

必ず失明するわけではない

緑内障は失明する病気だと思われています。しかし、必ずしも失明するというわけではありません。症状に気づきにくいからこそ、症状に気付いた時には失明に近い状態だったということがあるだけのことです。そこで、できるだけ早く病気を発症していることに気づくことができれば、失明することはないということになります。緑内障はだんだんと視野が欠けてくる病気です。眼科検診を行うことによって、視野の欠損などを調べることができます。また、緑内障と一口に言っても、様々なタイプがあります。元々、視神経が細く、切れやすくなっているという人も、緑内障を発症しやすいと言われているので注意が必要です。これを調べるためには、瞳孔を開き、眼の奥の視神経を調べることが一番です。